お知らせブログ

雨・・・

掲載日:2020年07月10日(金) カテゴリ:よもやま暖暖

雨が降り続きます。

7月4日熊本県南部を襲った豪雨で、球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」が水没し、14名の方が命を落とされました。

迫りくる水がどれほど怖かったか・・・

ご冥福を心よりお祈りいたします。

ベランダに降り続く雨を見ながら、入居者様のお命を守ることの重大さ、難しさ、責任を痛感しています。

ヴェルデの葡萄

掲載日:2020年06月26日(金) カテゴリ:よもやま暖暖

今年の葡萄です。🍇

美味しい実がいっぱいつきました。

西側の居室から果実を観賞することができます。

楽しみですね。

新興住宅

掲載日:2020年06月24日(水) カテゴリ:よもやま暖暖

有料老人ホームヴェルデきやまの南側に大規模な新興住宅の工事が入っています。

ホームの南側が今後どのような風景に変わっていくのか予想もつきません。

遠くに見える「飯田山」や「船野山」の稜線や、広がる益城の家々が隠れてしまうのではと憂慮しています。

幸いに有料老人ホームヴェルデきやまは住宅地より少し高台に位置していますので、せめて「飯田山」「船野山」の景色だけは変わらないでと祈っております。

AED講習会

掲載日:2020年06月19日(金) カテゴリ:お知らせ

この講習会は、心肺蘇生の中でも最も重要な「胸骨圧迫とAED(自動体外式除細動器)の使い方」、「誰かが倒れた時に声をかける勇気」を学習すること目的としています。

スタッフ全員集合です。

インストラクターの方からAED機器の説明を受けました。

精巧な人型マネキンも来てくれました。

早速心肺蘇生のデモンストレーションが始まりました。

スタッフ一人ずつ心肺蘇生の実技に臨みます。

 

真剣な表情のスタッフ・・・

緊急な場合、迅速に正しく慌てずに使用できるように・・・

表彰状

掲載日:2020年06月19日(金) カテゴリ:お知らせ

 

『有料老人ホームヴェルデきやま』の施設長であり『訪問看護ステーション暖和会』の管理者である渡邉若江が、熊本県看護協会から表彰されました。

熊本県看護協会の活動の一つである「まちの保健室」に発足当時からボランティアとして参加し、地域活動に貢献したのが認められたのでした。

『有料老人ホームヴェルデきやま』といたしましても大変ありがたく誇らしいことであります。

今現在も地域の縁側事業の一環として「コミュニティカフェ かなで 」さんにて大賀薬局さんと協同で『暮らしの保健室』を2か月に1回開いています。

看護師や薬剤師による健康相談や血圧測定など行っておりますのでどうぞお出かけください。

(※尚7月からの開催場所は未定となっております)

百寿のお祝い

掲載日:2020年06月10日(水) カテゴリ:よもやま暖暖

令和2年5月1日

『百寿のお祝い』の会を催しました。

M様は、大好きなお着物をお召しになり、めでたくお元気に百歳を迎えられました。

新型コロナウィルス感染拡大防止の為、「有料老人ホームヴェルデきやま」では面会謝絶が続いております。

その中での久しぶりの嬉しく、楽しく、喜ばしい「会」を開くことができました。

ご家族様から素敵な「花」や「お洋服」が贈られました。

スタッフからの色紙です。

どうかいつまでもお元気で!

M様とご一緒できることに感謝いたします。

桃?

掲載日:2019年04月05日(金) カテゴリ:よもやま暖暖

有料老人ホームヴェルデきやまの入り口に大きな看板があります。

そのお隣の畑に綺麗な花をつけた木があります。

一本の木に「白」「赤」「桃色」の三色の花をつけています。

桃ノ木❓

    

掲載日:2019年04月05日(金) カテゴリ:よもやま暖暖

今年も借景しちゃいました。クリックすると新しいウィンドウで開きます

自衛隊送信所の桜・・・

毎年開花を楽しみにしています。

  

夜間避難訓練

掲載日:2019年03月29日(金) カテゴリ:お知らせ

平成31年2月28日 夜間を想定した火事による消火訓練及び避難訓練を実施しました。

有料老人ホームヴェルデきやまでの夜間帯(21:00~7:00)は、入居者様20名に2人の夜勤者を配置しております。

 ≪内容≫

①消灯時間を過ぎ施設の巡視中に煙に気づいた。

②「洗濯室ランドリーの配線より出火した」と想定した訓練である。

③夜勤者2名での初期対応を行う

④他の職員への応援要請、避難誘導までを行う。

⑤消火設備についての再確認

※訓練中の様子を写真で紹介します。

訓練当日、前もって入居者様・スタッフへ館内放送にて案内します。

  

夜勤者が巡視中に煙を発見!もう一人の夜勤者が消火器を持って走ります。

  

歩ける方には声をかけたり、ベッドから車いすへ移動させたり・・・

  

10分後、要請を受けたスタッフ9名が駆け付けます。

全員で入居者様を避難誘導中・・・

看護師が避難した方の体調・怪我等の確認をします。

終了しました。参加スタッフ全員で「反省点」「改善点」など意見を出し合います。

  

次はパッケージ型消火設備の使い方再検証です。

  

説明を真剣に聞くスタッフ

   

ホースの出し方、長さの確認など重要な確認部分がたくさんあります。

終了しました。

※スタッフが提出した報告書には大切な事がたくさん書かれていました。

・消火設備の場所、使用方法の再確認ができた

・防災の観点から自分のやるべきことに取り組んでいきたい

・いざという時の入居者様の動きが把握できない

・スタッフ間の連携の重要性

・できるだけ初期の段階で消火できるよう見回りの大切さがわかった

・10分後に応援要請者が到着という想定だったが、10分という時間がとても長く感じた

・内容を変えて定期的な訓練が必要だ

・避難誘導中の声掛け特に声の大きさが大切である

・夜間はスタッフ少人数での避難になり困難さを感じる。この訓練を繰り返すことでスムーズに行えるのではと思った。

春 ー庭仕事ー

掲載日:2019年03月27日(水) カテゴリ:よもやま暖暖

もうすぐ♪とウキウキしはじめる時期。

花育て名人Tさん。春の庭仕事ー土づくりを始めています。