お知らせブログ

「心躍る感謝祭」は、雨天のため規模を縮小し屋内で行います。

掲載日:2017年10月20日(金) カテゴリ:お知らせ

平成29年10月22日(日)に開催を予定していました「心躍る感謝祭」ですが、当日は高い確率での雨が予想されることとなったため、残念ながら当初の予定通りでの開催は断念せざるを得なくなりました。

しかしながら、津軽三味線奏者の高﨑裕士さんをはじめとした複数の出演予定者のご協力により、非常に狭いスペースとなりますが「有料老人ホームヴェルデきやま」のホールにて規模を大幅に縮小した上で執り行うことができるようになりました。
但し、ホールはスペースが非常に限られており、ステージとして使用する場所を確保すると、椅子を並べて観覧いただくスペースがございません。基本的に立ち見での観覧をお願いすることとなります。また、来場者数によってはホール内にお入りいただけない場合もあり得ることをあらかじめご了承ください。

イベントは12:50からの主催者挨拶のあと、13:00から高﨑裕士さんのミニライブでスタートを予定しています。

今回のイベントに向けてご協力いただいた皆様には改めて御礼申し上げますと共に、ご期待に沿える形で開催できないことをお詫びいたします。

合同感謝祭実行委員会 代表 赤星淳子

パンパスグラス

掲載日:2017年10月05日(木) カテゴリ:よもやま暖暖

10月1日の誕生花『パンパスグラス』

 

有料老人ホームヴェルデきやま中庭に悠々と天に向かって咲いています!!

花言葉は『光輝』、青空の下で光り輝いて見えますね。

うふわふわとした花穂、、、切り花としても人気があるそうです。

菊の花

掲載日:2017年09月18日(月) カテゴリ:お知らせ

熊本県花き園芸農業協同組合様から菊の花の贈呈がありました。

花き協会様のご説明によると・・・

キク(菊)は、不老不死をかなえてくれるとされており、古来より菊花酒を飲んだり、「菊のきせ綿」と言われる風習で、重陽の節句の前夜、菊に面を被せ、露でしめらせた面で身体を拭いて長寿を願ったそうです。

キクは、長寿を願うシンボルのお花として特別な扱いを受けてきたようですね。

敬老の日だからこそキクを贈りたいとおっしゃっていました。

      

ありがとうございました。

玄関に飾りました!!

お馬さんがやってきた・・・

掲載日:2017年09月18日(月) カテゴリ:お知らせ

藤崎八幡宮秋季例大祭の時期になりました。

今年も健軍みゆき友好會の皆さんが、みゆき号と共に来てくれました。

     

みゆき号は、なかなかのハンサム・・・

 

    

勢子さん達も太鼓にラッパに踊りにと、若さ溢れます。

 

みゆき号が元気に跳ねます!!!

 

  

あいにくの雨の中、入居者様もスタッフも玄関の軒先で見物です。

 

 

宮園にある「ほっとふぁみりいデイサービス」から利用者様が見物に来られました。

 

  

「ドーカイ、ドーカイ」威勢のよい掛け声に合わせて、思わず踊りだします。

 

 

最後に一般社団法人暖和会と有限会社ほっとふぁみりいから少しですがお花代です。

久しぶりの賑やかな掛け声、踊り、鳴り物に、入居者様は涙を流して喜ばれていました。

来てくださって本当にありがとうございました。

心躍る 感謝祭(案内パンフレットを」追加しました)

掲載日:2017年09月18日(月) カテゴリ:お知らせ

益城町にある小規模介護事業者が連携し、地域住民に向けて「笑い」とたくさんの「元気」を届ける『心躍る 感謝祭』

熊本地震以降益城にある小さな介護事業所である私たちは、必死に事業を立て直してきました。

今年やっと10事業所が連携して「感謝祭」を開催できるまでになりました。

地域の皆様に元気を届けられるよう様々なイベントを用意しております。

① 津軽三味線奏者 高崎裕士さんによるミニライブ

② 広安西小学校吹奏楽部によるミニ演奏会

③ ボランティアの皆さんによる演舞・演奏

④ 屋台コーナー・模擬店コーナー・野菜直販コーナー

⑤ 抽選会

 

私共の感謝の気持ちを受け止めていただきたく、『心躍る 感謝祭』に是非ご来場ください。

パンフレットはこちらをご覧ください。

感謝状を頂きました・・・

掲載日:2017年09月12日(火) カテゴリ:お知らせ

訪問看護ステーション暖和会の管理者である渡邉若江が、この度熊本東警察署長から感謝状を頂きました。

帰宅途中に、ご様子がおかしい高齢者の方を見つけ、警察へ連絡し保護しました。

感謝状に「鋭敏な着眼と迅速的確かな対応」とありますが、有料老人ホームに勤務している経験と看護師の目が役に立ったのだと思います。

 

    

今、認知症による徘徊が社会問題化しています。

2020年には325万人になると予測されているそうです。

私たち介護のプロも「おかしいな?」「どうしたのかな?」「分からないのかな?」など日常生活の中でしっかりアンテナを立てていることが必要ですね。

 

本日(9月12日)NHKニュース熊本でもその様子が放映されました。

              

新制服『介護部門』

掲載日:2017年09月01日(金) カテゴリ:お知らせ

介護部門の新しい制服です!

う~ん!!素敵な三姉妹・・・

タオル

掲載日:2017年08月08日(火) カテゴリ:お知らせ

タオルや紙おむつ、パットをたくさんいただきました。

職員のお隣のおばあちゃんが亡くなり、娘さんが役に立ててと持って来られたそうです。

ありがとうございます。

芋畑

掲載日:2017年08月08日(火) カテゴリ:お知らせ

八月 有料老人ホームヴェルデきやまのお隣の芋畑。

収穫の時期になりました。

 

「暑いですね!収穫作業は大変でしょう。」

「僕、ベトナムから来ています。お芋あげましょうか。」と言って、作業中なのにお芋を取りに行こうとされます。

優しい方です・・・

玄関開けて こんにちは!

掲載日:2017年08月01日(火) カテゴリ:お知らせ

有料老人ホームヴェルデきやまの玄関の戸を開けると正面にテレビが設置されています。

音声は流れないのですが、先日完成したプロモーションビデオの映像がエンドレスで映し出されています。

❤「こんにちは!暖和会です」・・・